スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うっす。

ふう。

梅雨ですね。
雨ですね。

テンションあがらないですよね。

リアルの方で、身内がなくなりました。
62歳でなくなってしまいました。

若すぎですよね。
ほんとに若すぎ。

だもんでSFとかUTLだっけか?そんなの出てる場合じゃねーよ。って話。


まぁ暗い話はさておき、面白いニュースを見つけました。


---------------------------------------------------------------------
時間や空間を行き来できるタイムマシンは実現可能なのか──。

まず未来への移動について考えよう。ずばり、未来への移動は可能だ。
むしろ「日常的に、あなたも未来に移動している」(佐藤勝彦・自然科学研究機構長)といえる。高速に移動している乗り物の中は時間の進み方が相対的に遅くなることがわかっている。
たとえば、新幹線で東京から博多まで乗った場合、止まっていた人に比べて10億分の1秒、未来に行くことができる。特殊相対性理論という物理法則として知られており、実際に確認されている。「これ以上速いものはないという光の速度、つまり「光速」に近づくほど時間の流れは遅くなる。光速の99%の速度(亜光速)で進む宇宙船に乗れば、時間の進み方は約7分の1になり、
図のように10年間の宇宙旅行に行って帰ってくると、地球では70年がたっている計算だ。
ただし亜光速宇宙船の開発は非常に困難が予想される。
光速に近づくには莫大なエネルギーが必要であり、そんなエンジンを開発するのは
人類には無理かもしれない。

未来に行くには他の方法もある。強い重力の下にいると、時間の流れが遅くなる。
宇宙には非常に重い中性子星やブラックホールがある。これらに近づけば時間の流れは遅くなるが、どうやってそこから抜け出すかという問題は解決されていない。

その一方で過去に行くことは、非常に困難が予想される。
時空の流れを説明する物理法則である相対性理論によれば、過去へのタイムトラベルの可能性については否定されていない。一般に、時間は過去から未来へと一方向に進んでいると考えられているが、時間はループしており、はるか未来へ行くといつの間にか過去へとたどり着く可能性も残されている。

ただし、「多くの物理学者はそれを証明すべく日々、努力しているが、個人的には過去へのタイムトラベルは不可能ではないかと思う」(同)という。現在の最先端の相対性理論と素粒子学とて、まだ完璧ではない。それらを統一して森羅万象を完全に説明できる物理法則が見つかれば、過去へのタイムトラベルは否定されるかもしれない。(一部省略)

ソース:ダイヤモンドオンライン
http://diamond.jp/articles/-/8631
http://diamond.jp/mwimgs/4/d/-/img_4d8ba96d5901500085ccce3eb502bbf639927.gif
---------------------------------------------------------------------

ドラえもんを否定するのか!
おれもバリバリ理系ですけど、物理専門じゃないし
物理専門の奴でもちんぷんかんぷんなんじゃね?って思う様な内容。

でもいくら非科学的でも、おれはタイムマシンはきっとできるって信じてる。


最後におれの好きな言葉
Laughter is a tranquilizer with no side effects.
笑いは、副作用のない鎮静剤。
Word by Arnold Glasow

笑おう。
いやな事あっても笑おう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kage

Author:Kage
【MyProfile】
帰国子女で
15年ほど海外にいました。

Franceに12年半 Scottlandに2年半

【Hobbies】
フットサル
楽器演奏(エレキベース)
ドライブ
SnowBoard
Game

適当にその時の自分の気分で内容とかを書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
デジタル時計(黒)
ブログパーツ
商品紹介
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。