スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず、更新

とりあえず、英語のお勉強と並行して、転職活動をしているわけですが、目立った進捗はなし。
すごく恵まれている事に、ある会社から内定をPending状態にしてもらっているのはありますが。というのも向こうの方にすごく俺自身が評価してもらっていて、そこためポジションが空くまで待ってほしいという打診を受けている状態。俺自身は、大きな会社(グループ全体ならいまの会社の10倍くらいかな?)が俺のために待ってくれて、評価してくれているのはうれしいし、素直にアットホームな会社だなと思います。と、まぁその会社にいったら、2-3年で海外→永住の流れになりそうだから、簡単にYESとは言い切れない部分もあるけれども。ただ日本のモノづくりで言えばトップをひた走っている会社だから、間違いなく人生でプラスになるとは思っている。

しかし英語の勉強をしながら、いろんな本を読んでいるが面白い。経済やら、なんやら読んでいるけどそこで面白い事を書いている記事があった。


日本の学生はなぜ大企業にはいるのか。要約すると
日本の有名大学出身の学生はこぞって近年大企業に入ろうとしている。倍率もはんぱじゃない。
それは安定があるから?ステータス?お金?
ただ現在の日本の経済状況を考えるのであれば、大企業得にメーカは世界規模で売り上げが下がっている。一昔前の日本とは全然違うのだ。そんな会社にいってどうする?地頭があるのであれば、もっとチャレンジするべきだ。


とまぁこんな感じ。
日本の会社は、現在新入社員に投資してその会社が求めている人材(人財)に育てるっていう流れが主流なだけに、優秀な方が会社の中での優秀な人になってしまうって話が海外のコラムに書いてあった。
まぁアメリカからベンチャー企業が世界に名を馳せている理由はそこら辺なのかなー。って俺自身は思いましたね。アメリカの有名大学をでて、ベンチャー企業を立ち上げて成功するっていうケースが日本よりも圧倒的に多いの事実。さらに、やはり向こうの学生の方が将来のビジョンが明確にあるなと。

ちなみにジャパンスタイルっていうのがMBAのケーススタディとかにあるくらい、昔の日本は海外からも、もちろんアメリカからも尊敬されていた様だ。いまとなっては悪い例なんだろう。
やっぱ結局日本は海外からみたら、良いメーカを抱えている国(Cultureとか抜きにしてね)。
やっぱメーカが右肩上がりにならないと、日本もよくならないってことなのか。

んー。そうであると俺は信じたいけど。どうなのだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kage

Author:Kage
【MyProfile】
帰国子女で
15年ほど海外にいました。

Franceに12年半 Scottlandに2年半

【Hobbies】
フットサル
楽器演奏(エレキベース)
ドライブ
SnowBoard
Game

適当にその時の自分の気分で内容とかを書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
デジタル時計(黒)
ブログパーツ
商品紹介
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。